コラム

2012年2月 京のパワー-錦市場

2012 February ニッパチ―景気が悪い。昔から、正月明けの2月とお盆休みの8月は景気が悪い。特に京都は、きつい冷え込みやうだる暑さもあって、人・モノ・金の動きが鈍い。

 しかし近年冬の京都の魅力がアピールされてか、2月に京都を訪れる人もかなり増えた。静寂に包まれた神社仏閣や京庭園と並んで人気なのが錦市場。高倉錦から新京極の錦天満宮まで約400メートル。幅2~3mの小路の両側に130店舗の食材の店が並ぶ。
 江戸時代初期から魚市場として、京都人の胃袋を満たしてきた錦市場だが、今は地元の主婦にも内外の観光客にも人気。安全と安心だけでなく、色合いや味の確かさも魅力。食と言う最も評価・判別しやすい商品で常に人気を維持し、活性化し続ける錦市場はホンマモンを求める消費者が作り上げてきたとも言えるだろう。

 先ずはホンマモンでしっかり腹ごしらえをして、身も心も寒いこの時期をパワフルに乗切りたい。 (M)

 (錦市場は京都本社から徒歩5分、烏丸通り錦小路を東に入った所に位置しています)

【2012年02月01日】

前のページへ戻る