ソリューション&サービス

公会計トータルソリューション

公会計トータルソリューション

公会計業務においては、複式簿記と固定資産管理が連携した正確なシステムと、業務遂行態勢が
必要不可欠です。『総務省新統一基準対応版』は大規模な地方公共団体・小規模な市町村等の
多くの公会計コンサルティングと導入実績・安定稼働の経験を組み込んだシステムです。
業務遂行コンサルティングと最新のシステムで、固定資産台帳と財務四表を作成し、財政計画を
万全なものにします。

導入実績

以下の製品を取り揃えております

導入実績

『PPP』
PPP

ー「公会計新統一基準」に対応した地方公会計システム。
公共施設マネジメント、行政評価にも使える活用機能も
備えております。『PPP』の基本機能に加え、新たに自治体
運営実務作業で活用できる機能を大幅に強化しております。

『創生』

PPP

ー 作成した財務四表を分析・活用するシステム。
「作成して公表」をおこなった後は、「分析して利活用」
するステージへ。作成した財務書類を活かして、まちの
未来を考えませんか。


セミナー・ユーザー会

セミナーについてはこちら

セミナー

ユーザー会についてはこちら

ユーザー会

公会計業務の中でこんなお悩みありませんか・・・?

チェック 財務書類作成にとても手間がかかる

チェック システムに関して問い合わせを行っても返事が遅い

チェック 財務書類の「活用」に取り組んでいきたい

チェック 住民公表用の分かりやすい資料を作りたい

チェック 財務書類を総合管理計画に役立てたい

お任せください

『PPP』『創生』が選ばれる理由

選ばれる理由1

 簡単に財務書類作成!

 執行データから自動仕訳した複式簿記データ、その他個別仕訳の
 複式簿記データから手軽に「統一的な基準」に対応した財務書類
 を作成することができます。


選ばれる理由2

 安心のサポート体制!

 システムディでは今後の公会計制度に対し、システムの提供だけでなく
 コンサルティングノウハウとこれまでの実績を用いた
 「トータルソリューション」をご提供致します。

詳しくはユーザーサポートページへ!


選ばれる理由3

 財務書類を「活用」するための機能が充実!

 財務書類作成の次は、財務書類の活用!
 セグメント分析による施設マネジメント、行政評価、
 アカウンタビリティのための活用機能が充実しております。


選ばれる理由4

 分かりやすい公表資料!

 各種分析機能や指標一覧出力機能などを搭載。
 要約財務書類をはじめとする「分かりやすい住民説明」の
 ための支援機能を盛り込んでおります。


イメージ:お問い合わせ先

お問い合わせ

▼このページ内容についてのお問い合わせ

お問い合わせ先はこちら