ソリューション&サービス

公会計システム『PPP Ver.5 新統一基準対応版』

「作る」公会計から「使う」公会計へ!

真のデファクトスタンダード『PPP Ver.5 新統一基準対応版』リリース

「作る」公会計! ~統一的な基準による地方公会計制度に完全対応

内容豊富な固定資産台帳
新統一基準に対応する項目を管理でき、マッチング機能により自動的に更新される固定資産台帳は、照合の手間を大幅に縮小。公共施設マネジメント項目も管理、更新可能。
※クリックで拡大

複式簿記から手軽に財務書類を作成
執行データからの自動仕訳した複式簿記データ、その他個別仕訳の複式簿記データから手軽に「統一的な基準」に対応した財務書類を作成可能。
財務四表

附属明細書も容易に作成
「統一的な基準」で特徴的な附属明細書も、財務4表と同等の重要な財務書類。自動出力可能な附属明細書も含め容易に作成可能。注記の文例も多数用意。

連結処理も簡単
地方公営企業決算統計から「統一的な基準」の財務書類へ自動組替。連結修正、連結相殺も簡単に処理可能。連結残高を保持した本格的な連結処理を実現。

「使う」公会計! ~公共施設マネジメント、行政評価にも使える活用機能

「使う」公会計

「公共施設等総合管理計画」の主要データ出力
公共施設の物理的状況や施設別の収支状況、資産構成、財源残高を出力。

「行政評価」に活用できるコストデータを出力
予算事業別、事務事業別、施策事業別、行政目的別、部門別の行政コスト計算書を出力。

「資金マネジメント」に活用できるデータを出力
財務四表の経年比較や歳入歳出資金移動日計表を出力。

「予算編成」に活用できるデータを出力
予測財務諸表にて予算の帰結を明示、予算実績対比分析表にて改善策を検討可能。

「まちづくり」に活用できる財務的数値とシミュレーション
行政活動実績計算書、資産増減計算書から、40年間の資金収支計算書、経営計画をシミュレーション。

180団体の『PPP』導入実績とノウハウを凝縮!
固定資産台帳+複式簿記化の地方公会計(基準モデル)実施団体のおよそ7割の180団体が選択した『PPP』の導入実績と、公会計実施ノウハウを凝縮した充実の機能。
『公会計フルパック』での提供可!
ノートパソコンに、『PPP Ver.5 新統一基準対応版』、oracle、Excelを搭載し、『PPP』のインストラクトも含んだ簡単導入モデルをご用意。

新たに自治体運営実務作業で活用できる機能を大幅に強化!

※クリックで拡大
財務書類作成機能

イメージ:お問い合わせ先

お問い合わせ

▼このページ内容についてのお問い合わせ

お問い合わせ先はこちら