ソリューション&サービス

新旧対照表の作成

新旧比較の目的
新旧比較の目的は、以下の2通りとなります。
 A.修正作業者やチェック者などが実務上修正箇所をチェックする目的
 B.決裁の会議体(取締役会など)へ規程修正案の提出の目的

新旧対照表の書式
・一般的に左右に新旧の文書を比較する。
・削除の場合は、新文書は空白、旧文書を表示する。
・追加の場合は、新文書は表示、旧文書を空白する。
・条項番号や項番が変わっても、同じ条項文を比較する。

文書の改訂、新旧対照表作成における課題
・修正作業者やチェック者は瞬時に簡単に比較チェックしたいが対応出来ない。
・修正理由などの記入も含めた決裁依頼文書の作成は、非常に時間がかかる。
・Wordでの新旧対照表では、版を完全に管理できない。

対象例:規程、規則、学則、例規、定款、ISO文書 マニュアル etc.

矢印

これらの課題を解決する方法は?


規程管理システムの主な機能

フロー図

具体的な内容を、ご確認下さい。